国内のタクシーは、鉄道や路線バスと同様に公共交通の一翼を担い、犯罪率や事故率、サービスにおいてもその安全性と信頼度は世界でもトップレベルです。
近年では、NPOによる有償運送やデマンドタクシーなど、新たな交通体系が生まれておりますが、運転代行業者や外国人による事業許可を持たない違法な“白タク”が散見され、交通事故や料金のトラブルなどの問題が後を絶ちません。

私たちタクシー業界は、公共交通としての使命と責任を果たすべく、「ドア・ツー・ドア」というメリットを最大限に活かしながら、安全・安心・快適な輸送に努め、日夜走り続けています。

区 分 タクシー デマンド 路線バス
 利用形態 貸切 乗り合い 乗り合い
 契約体系 一台一申込みごと 個別ごと 個別ごと
 運行時間 ご希望による 不定期 定時
 運行ルート 自由 変動 固定
 運 賃 距離制(料金メーター)
または時間制(貸切)
定額制 距離制又は定額制
 乗降地 自由/希望通り 任意/停留所 定位置/停留所
 利用方法 電話又はメール
流し車両は挙手
電話予約/受付順 停留所で整列
 支払い方法 現金
IC・クレジットカード
電子決済など、多種
現金、定期券、回数券 現金、定期券、回数券
交通系ICカード
 時間の正確性 高い 利用数に左右される 概ね高い
 融通性
(行先や時間の変更)
高い(可能) 低い(不可) 低い(不可)
荷物の積載量 車内・トランクが使用可 手荷物程度可 手荷物及び制限内可
福祉対応 足腰の弱い方や
車いすに対応
非対応 車両や路線により、
車いす対応・非対応有
市外利用者の利便 利用しやすい 利用しにくい 利用しやすい

 

特性の違い

〇タクシー
他の交通機関に比べ割高のようですが、「利用したい時間」に「ご指定の場所から」「行きたい場所」に行くことができる、お客様だけの専用車です。

〇デマンド
安価ですが、目的地に制限があることと、予約制による申込順・利用人数・乗降地によってルートが変わり、乗車時間や到着時間が左右されます。

〇路線バス
利用者の有無に関わらず、任意の停留所を決められた順路・ルートで運行します。
定時で運行しているため、時間の安心性があり、予約をせずに利用できます。

使い分け

それぞれに特性の違いがありますので、時間を優先したいときや目的地を自由に選びたいとき、手荷物が多いときや天候が悪いとき、足腰が不自由な方などには、タクシーをお勧めします。
一方、時間にゆとりがあり、到着時間に拘らないときはデマンドを。
同様に、急ぐ必要がない、大勢で利用したい、ゆっくり景色を楽しみたいときなどは路線バスを。
このように、用途や目的、ご都合に合わせて使い分けていただくことが理想的な使い方です。

お気軽にお問い合わせください。0120-372-328営業時間 05:00 - 01:00

お問い合わせ